blog

korut jewellery works (コロット ジュエリーワークス)

TEL:075-203-8036 FAX:075-203-8037

 

〒604-0905 京都市中京区夷川通新烏丸東入梅之木町147-2 新烏丸森ビル1F

 

営業時間:11:00~19:30

 

定休日:火・水曜日
   (祝日の場合は翌日に    振替)

※臨時休業がございます場合は、トップページでお知らせいたします。

ダイヤモンド

地球上で最も硬く、最も屈折率の高い鉱物、ダイヤモンド。

数億年の時をかけて育まれ、ようやく私たちの元に辿り着きます。

その唯一無二の輝きを、たった一人の大切な人に贈るエンゲージリングに仕立てれば、きっとその想いは伝わるのではないでしょうか。

ダイヤモンド

「4C」について

 

4Cとは、ダイヤモンドの特徴や品質を判断する基準となるもので、「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティ)」「Cut(カット)」の頭文字を取り、そのように呼ばれています。

数ある宝石の中で、ダイヤモンドにしかない基準となります。

 

同じご予算であっても、サイズを優先されたいお客様、その他の品質を優先されたいお客様など、ご要望は様々です。korutでは、ご希望をお聞かせいただいた上で、いろいろとアドバイスさせていただければと思っております。

 

Carat(カラット)

重さの単位で、1ct(カラット)は0.2グラムです。同じグレードであれば、重量が大きいほど価値が高く評価されます。

 

Color(カラー)

無色にどれくらい近いかを評価する基準です。厳選されたマスターストーン(基準石)と比較し、黄色味の濃度に応じてDからZまでに分けられます。ブルー、ピンクなどの希少性の高い天然ファンシーカラーを除けば、無色の石の価値が高くなります。

 

カラー

Clarity(クラリティ)

透明度を評価する基準です。10倍率拡大で観察し、内包物などの内部特徴と、カット傷などの外部特徴に分類して判断されます。11等級に分類され、Flawless(フローレス)の価値が最も高くなります。

 

クラリティ

Cut(カット)

ダイヤモンドの光学的特性から計算された理想的なプロポーションとの相違の程度と、仕上げの状態(研磨、対称性)を評価する基準で、5段階に分類されます。そのダイヤモンドの持つ輝きを最大限に引き出すためには、最高のカットが求められます。

カット

<Heart & Cupid(H&C、ハート&キューピッド)>

特殊なスコープを使って、対称性の優れたダイヤモンドをテーブル面(上側)から見ると弓矢のような模様が、パビリオン側(下側)から見るとハートモチーフのような模様が見えます。これらの模様が、ある一定の基準を満たしてきれいに見られるものが、「Heart & Cupid(H&C、ハート&キューピッド)」と呼ばれます。

 

<Triple Excellent(3EX、トリプルエクセレント)>

プロポーション(カットの総合評価)だけでなく、研磨(ポリッシュ)、対称性(シンメトリー)のすべてに「Execellent」の評価が与えられたものは、「Triple Excellent(3EX、トリプルエクセレント)」と呼ばれます。

 

※カットグレードについては、ファンシーシェイプ(ハートシェイプ、オーバルなど、ラウンド以外の形)は対象外となります。